TOPタジン鍋の秘密種類調理法モロッコモロッコブーム

料理

食文化

モロッコ料理 モロッコ料理は長らく世界で最も多様性に富んだ料理の一つと見なされてきました。
モロッコ料理はベルベル、スペイン、コルシカ、ポルトガル、ムーア、中東、地中海、アフリカの各料理の混合です。
土着のベルベル料理、スペインから追放されたモリスコがもたらしたアラブ・アンダルシア料理、トルコ人によってもたらされたトルコ料理、 アラブ人がもたらした中東料理の影響を受けており、ユダヤ料理の影響も受けています。
さらに、モロッコ料理はたくさんの香辛料が使われることでもよく知られています。 クミン、パプリカ、シナモン、サフランがよく用いられます。
よく使われるハーブにイタリアンパセリやコリアンダーリーフなどがあります。 料理に干しぶどう、デーツ、アーモンド、レモンの塩漬け、オリーブをよく用いるのも特徴的です。


料理

アラビアパン ■アラビアパン
モロッコ人の主食です。 丸くて平たい形のパンが朝食・昼食に毎回登場します。
お店でも買うことができますが、モロッコの家庭では各家庭オリジナルのレシピで毎日パンを焼くのが習慣です。


タジン ■タジン
モロッコのタジンは、香りをつけたジャガイモやニンジン、玉ねぎなどの野菜とソースを鳥肉や羊肉と一緒に低温でゆっくりと蒸し煮にして作るそうです。
これがタジンの正統的な作り方として認知されています。


クスクス ■クスクス
イスラム教の安息日である金曜日にはどこの家でもクスクスを食べます。
  クスクスはフランスやイタリアなどでも食べられている人気メニューで、日本でも食べられます。


■ミントティー
モロッコ人が毎日必ず飲むのがミントティーです。アッツァイと呼ばれます。
中国産の緑茶にフレッシュミントと砂糖を入れて煮出して作ります。 お茶とミントの苦みや香りを強く抽出し、砂糖をたっぷり入れます。
別名「モロッカン・ウイスキー」と呼ばれるそうです。